忍者ブログ
スペイン政府公認 在スペイン日本人通訳協会
[123] [122] [121] [120] [119] [118] [117] [116] [115] [114] [113]


アランフエスは王様の春の離宮として使われた所、タホ河のほとりに造られた宮殿で、此処で王様達はタホ河に船を浮かべて舟遊びをしたり、狩を楽しんだと言われる所、現在の王様は夏はマジョルカ島の離宮に行かれるので、殆ど使われていない、外国の政府の高官がマドリッドに来られた時にその随行の人々の宿舎として使われる、宮殿の近くに、王子の庭園というのがあるが、そこに、農夫の家と呼ばれる、王様が狩の合間におやつを取ったり、昼食と取るするために作られた宮殿があるが。。まあ宮殿はどうでもいいわけで、アランフエスがユネスコの世界遺産になったは庭園の方らしい、宮殿ちかくの島の庭園、そして、王子の庭園、最近、足に自身の出来た私はその中を〔王子の庭園)歩いたが、とうてい歩ききれず、庭園内を走るミニトレンに乗った。。。昔、ファリペ5世が船で此処からタホ河をくだり、リスボンまで行くのに挑戦したが、物凄く、難攻したらしく、2度その試みは実施されなかった。
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
11 2016/12 01
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8
12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フリーエリア
最新トラックバック
プロフィール
HN:
A.I.N. スペイン政府公認 在スペイン日本人通訳協会
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
カウンター