忍者ブログ
スペイン政府公認 在スペイン日本人通訳協会
[1] [2]
ポルトガル個人旅行 

専属の「観光通訳ガイド」が企画・案内する旅

<5月の後半にお勧めの『旅企画』のお知らせ>

5月後半、安い『エミレーツ航空』を利用して、
 ポルトガル個人旅行の『企画案』です。

**************************************************
「ちんちん電車」と、ポルトガル鉄道、
 そして、専用車で旅する

『ポルトガル 9日間 漫遊の旅』
**************************************************


訪れる所

リスボン、シントラ、ロカ岬、オビドス、ナザレ、アルコバシャ、
ファティマ、コインブラ、ブシャコ、アベイロ、ポルト、リスボン
企画・案内 佐々木郁夫

大航海時代にポルトガルとスペインが世界を征服した時代、世界各地からポルトガルにやって来た文化はヨーロッパにどのような影響をもたらしたのか、
そして、ポルトガルに発見された(1541年)日本との関わりを、天正少年遣欧使節がやって来た(1584年)時代に思いを馳せながら、ユネスコの世界遺産を観て周る旅です。
それぞれの地方における、自然、歴史、宗教、文化、人々、食、伝統手工芸などを味わいながらの、オリジナル企画の旅です。 


  
*食事は、フリーですが、土地の人たちに人気のあるレストランを
 聞いて
ご紹介します。そして、美味しいものを選んでいきます。
(ポン酢、醤油、「練り本わさび」、七味唐辛子、割り箸、・・・
    ポルトガル料理に合う「ポン酢」は特にお忘れなく!)

**************************************************
*2015年3月13日現在の
『エミレーツ航空』のネット価格です。
 http://www.emirates.com/jp/japanese/index.aspx

//////////////////////////////////////////////////////////////////
行き 15年5月17日 東京, 日本   目的地   リスボン, ポルトガル
帰り 15年5月24日 リスボン, ポルトガル   目的地   東京, 日本
  合計   JPY 98,980
          9万8千980円
///////////////////////////////////////////////////////////////////

企画・日程案

一日目(5月17日 日曜日)////  例えばの日程 ////

成田 夜に出発
22:00 EK319 成田国際空港 出発
機内泊
二日目(5月18日(月)

 04:15 到着 ドバイ国際空港    
 07:25 出発 EK0191 ドバイ国際空港 
 12:45 到着 リスボン・ポルテーラ空港 
    タクシーにて、ホテルへ
リスボンの観光
*リスボン名物の「ちんちん電車」で街を散策します。 

:
ポルトガル、スペインのガリシア 漫遊の旅  <クリック
世界遺産の『ジョロニモス修道院』と、『べレンの塔』、
 『発見のモニュメント』など見学。
徒歩にて、リスボンの旧市街、「金座・銀座通り」などを散策
*サンタ・ジェスタのエレベーターに乗って、展望台からの街を観ます。
夕食 ポルトガルを代表する音楽、『ファド』を聞きながらの食事です。
ホテル 旧市街の中心の 4つ星
                            
リスボン 泊  
 


三日目(5月19日(火)

列車にて、『シントラ』を往復します。

2013年 1月 仲間と行く ポルトガルの旅 1 <クリック
*シントラ 
   
深い緑の山中、“エデンの園”と呼ばれる街の散策。
天正少年使節団が歓待された、王宮の見学。

2013年7月「きむら旅倶楽部 漫遊の旅」 2 <クリック
       
昼食 ポルトガル郷土料理は如何ですか。
シントラから、タクシーで、ロカ岬へ往復します。 
 
  
*ロカ岬  ユーラシア大陸の最西端を見学。
『ここに地果て、海始まる』詩人カモンイスが詠んだ。
夕方 列車にて、リスボンに戻ります。
ホテルで、休憩。
夕食 ホテルの近くのレストランにて。
ホテル 旧市街の中心の 4つ星
リスボン 泊

四日目(5月20日(水)

専用車にて、オビドス、ナザレ、
アルコバシャ、ファティマの街へ。

オビドス
の街 散策 中世の城壁に囲まれた小さな町です。

2013年 6月 ポルトガル スペインの旅 2 <クリック
ナザレ 散策 浜では昔ながらの地引き網漁が行われています。
*昼食 名物の炭火で焼いたイワシをレストランにて。
(割り箸と醤油、ポン酢を忘れないように!)

ポルトガル、スペインのガリシア 漫遊の旅 2 <クリック
専用バスにて、アルコバサへ。
 この町の修道院はユネスコの世界遺産です。

ポルトガル、スペインのガリシア 漫遊の旅 3 <クリック
 
 
ファティマ 到着 
3人の子供たちの前に聖母マリアが出現した奇跡の街に泊まります。
*バシリカ 訪問
ホテル 4つ星(バシリカの近く)
ファティマ 泊

五日目(5月21日(木)

専用車にて、ポルトガル第3の都市コインブラへ
コインブラ 到着 
 
 中世からの大学に立ち寄ります。
(パリ、ボローニャ、サラマンカに並ぶ古い大学です。)
昼食 コインブラのレストランにて
夕方 国立公園内のホテルに到着 

2013年5月 仲間と行く 漫遊の旅 5 <クリック
・・・お庭の散策、、、
夕食 ホテルにて
 
 
ホテル『 Palace Hotel do Bussaco 』5つ星(宮殿ホテル)

ホームページ:http://www.lusohotelbussacopalace.com/
     
Bussaco の国立公園内 ホテル泊 

六日目(5月22日(金)

朝食の後、ホテルの庭の散歩
11:00 ホテル出発
アヴェイロ(AVEIRO) 運河の街を散策。
ゴンドラでの< 舟遊び >です。
昼食 アベイロの街のレストランにて。
ポルトの旧市街の川岸のホテル(世界遺産地区)に到着。
ホテルの周り・世界遺産地区 自由散策
    ・・・または、昼寝です。
夕方、ドウロ川クルーズ < 舟遊び >です。 

2013年 6月 ポルトガル スペインの旅 3 <クリック
「ドン・ルイス1世橋」、エッフェルの設計の「ドナ・マリア・ピア」橋を
船から眺めます。
夕食はホテルの近くにて。
ホテル 世界遺産市街内の4つ星
                          
ポルト 泊 

七日目(5月23日(土)

朝食の後、歩いて鉄橋(ドン・ルイス1世橋)を渡り、
*『ドン・ルイス1世橋』

『Ramos Pinto』ポートワインの酒蔵見学。「赤玉ポートワイン」ではありまん。
*ロープウエイに乗って、展望台へ
*歩いて鉄橋(ドン・ルイス1世橋)を渡り、ポルトの散策 
 
*ポルトの街は、徒歩にて散策します。
São Bento(サン・ベント) 駅
(駅構内は一面が、20世紀初期の美しいazulejo(絵タイル)で被われている。

2013年7月「きむら旅倶楽部 漫遊の旅」 4 <クリック
ケーブルカー(電車)に乗って、川まで降ります。
ポルトの『ちんちん電車』に乗って海へ
昼食 下町の「ポルト名物郷土料理」は如何でしょうか。
夕方の、ポルトガル鉄道にて、リスボンに戻ります。
夕食 ホテルの近くにて、
     海産物など、最後の晩餐です。
ホテル 『Hotel Avenida Palace』(5つ星)
  
リスボン 泊

八日目(5月24日(日)

出発の朝です。ゆっくりしてください。
 
12:00 ホテル 出発 タクシーで、空港へ
14:25 出発の「エミレーツ航空」にて、日本へ

九日目(5月25日(月)・・・例えばの日程です。・・・

01:05 到着 ドバイ国際空港 
  接続1時間45分 
  
02:50 EK0318 出発 ドバイ国際空港 
17:35 到着 成田国際空港 (NRT)
 
*************************************************


******************
「ちんちん電車」と、列車、専用車で旅する

『ポルトガル 9日間 漫遊の旅』

*************** ******



 お問い合わせ、お申し込み、ご相談は

 『 協会へのお問い合わせ: ain.spain@gmail.com

 ・・・上を クリックして頂き、メールにてお送り下さい。

************************
  
PR
12月8日

先日(12月6日)閉まっていた「バル」に行きました。





この店の名物です。



すぐに焼いてくれます。



このように新鮮な「腎臓」は、



このように揚げて出てきました。











ムール貝





マッシュルームとベーコン













この「バル」で我々の横で飲んでいた、2人の「おばあちゃん」は、「チャコリ」一杯で、
『海老の串焼き』、『タコのピンチョス』を摘んでいました。
「この店は、物が新鮮で美味しいのよ」と言ってました。ちなみに一人、6ユーロ払っていました。(白ワイン+2つの『ピンチョス』=日本円で、630円ほどです。)

 美味しかった「バル」を後にして、祭日の街へ











どこの「バル」も賑わっていました。

























これから軽い昼食です。

アサリ(生)にレモンをかけて、、、





「チョピートス(ほたるいか)」のから揚げ













レストランのウインドウに、「ウナギの稚魚」がありました。
 これからクリスマスにかけてが旬です。





これから正面の橋を渡って、駅から急行列車でマドリッドに戻りました。

カンポ デ クリプターナ


モントーロ


オリーブの実


パエジャの作り方


出来上がり


パエジャの作り方を教えてくれた「プチホテル」


ホテルの食事






メインはイベリコ豚


手作りのデザート
協会の仲間と美味しい「ピンチョス」の店に行きました。



スペインのバスク地方のバルの雰囲気です。



このように、カウンターに沢山の「ピンチョス」が並んでいます。



「シドラ」(りんご酒)はこのように入れてくれます。

さて、つまんだ「ピンチョス」は、、





スペインでは今、各地方自治州政府が、新しい観光誘致のため積極的な宣伝をしています。そして、自治体からの融資をもとに、田舎の、貴族の館や、小さな城、昔の製粉所、水車小屋、ワインの酒蔵などが、『カサ・ルラール(Casa rural)』(プチホテル)に生まれ変わっています。

スペイン国内をはじめ、ヨーロッパ各地から人々が訪れ、中世の城壁に囲まれた町を馬車で散策したり、自然の中を自転車や馬に乗ったり、魚釣りやハイキングをして楽しんでいます。
 
国から文化財の指定を受けた町や村、そしてユネスコの世界遺産。残された自然の中で中世の面影を残す街や村の家並みや広場、そしてそこで、今を生きている人びと。

村には、昔からほとんど変わらない生活が残り、昔ながらの「生ハム」や「チーズ」や「蜂蜜」そして「陶器」や「民芸品」などが売られ、それらを求めにくる人もいます。
 その人達は古く味わいのある家族的な『カサ・ルラール(Casa rural)』に泊まり、おいしい郷土料理と地酒のワインを楽しみ、村の人々と共に広場で食後のコーヒーを飲んでいます。

*貴族の屋敷ホテル








*有名シェフが経営する「カサ・ルラル」(小さなホテル)








シェフの自慢料理


デザート

カサ・ルラル 1


カサ・ルラル 2


カサ・ルラル 3


カサ・ルラル 4






マジョルカ島の「カサ・ルラル」
 


夕焼けのテラスにて


ホテルのレストランでの朝食


朝焼け









忍者ブログ [PR]
カレンダー
01 2017/02 03
S M T W T F S
1 2 3
5 6 7 8 9 10
12 14 16 17
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
フリーエリア
最新トラックバック
プロフィール
HN:
A.I.N. スペイン政府公認 在スペイン日本人通訳協会
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
カウンター