忍者ブログ
スペイン政府公認 在スペイン日本人通訳協会
[325] [324] [323] [322] [321] [320] [319] [318] [317] [316] [315]
かんかん照りの8月のマドリッドから逃れてドイツの保養地、バーデン、バーデンにいきました。





上はブラームスの胸像、友人のクララ、シュウマンに誘われ、バーデン、バーデンはとても良いところだから来るべきと言われ、1年に1ヶ月、確か10月だったとおもうけれど、ここにに質素な借家をしてすごしたようです。今、そこが博物館になっています、なんと、そこの案内のおばさん、もちろんドイツ人なのだけれど、マラガ生まれでスペイン語が出来ることが最後にわかりました。



ブラームスの住んでいた家の部屋、丘の上に家があり,そこにたどり着くのに、階段を随分登った、、下が大家さんの家のようだ。





この建物の名前はクアハウスと呼ばれ、保養所とい言うような意味がありますが、実際は保養所として使われたことはないようで、中はベルサイユ宮殿を模倣したと言われるほどの豪華なもので平常はカジノとして使われるほか、コンサートもおこなわれるようで、今回はこの建物の前の庭で毎夜ジャズのコンサートが行われていました。













クアハウスの中の部屋のひとつ







ドフトエフスキーが最初にバーデン、バーデンを訪れたのは新婚旅行、その後再度の訪問はこの美しい街に惹かれたのではなく、カジノの誘惑に勝てず、この街で多額の借金を抱えた彼はスイスのジュネーブに移り住み、かの地で白痴を執筆し、彼の中毒とも言える賭博から足を洗ったという話。




リヒテンターラーの散歩道



この通りを愛した人物の一人にツルゲーネフがいる、彼は愛人を追いかけてこの地に来たと言われるが、リヒテンターラー通りについて次のように述べている、私が今まで見たこともないような大きくて素敵な木々がここにある、この木の根元に腰掛けていると、まるでその樹液が私の体内にも流れ込んでくるようである。そのことが気持ちよく、私を元気にしてくれる。。。。。。。私も同感。



リヒテンターラー通りにあるツルゲーネフの像






3キロ続く美しいリヒテンターラーの散歩道が終わったところにこの道と同じ名前の修道院があります。一見の価値ありとの事で訪れましたが、1日に1回、3時にガイド付きで中の案内があるようですが、知らなかったので私が着いた頃には案内が終わった後で人々が中から出てきていました。



21世紀のカラカラ浴場、ローマ人も20世紀前に同じ場所で温泉に浸かっていたのです。



























PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
11 2016/12 01
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フリーエリア
最新トラックバック
プロフィール
HN:
A.I.N. スペイン政府公認 在スペイン日本人通訳協会
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
カウンター