忍者ブログ
スペイン政府公認 在スペイン日本人通訳協会
[328] [327] [326] [325] [324] [323] [322] [321] [320] [319] [318]


コンツエルン、ハウスのコンサートを聴きに行ったら、その前のジェンダルメ広場で
クリスマスの市が開かれていました。右側の青銅のドウムを持つ建物はユグノー派の
フランス教会で反対側にまるきり同じ形の教会があり、それがドイツ教会、勿論プロテスタント
カトリックの国に限って道徳感が低く、泥棒が多いです。ドイツが好きな原因のひとつは国民
一人、一人の道徳感が高い事です。




フランス教会





沢山のクリスマスの市がでていましが、私の一番、気に入ったお店で思い出に私もこのかわいらしい
ミニチュアの家を買いました、










ポツダム広場に位置するソニーセンター、この辺は東西を分断する壁の近くに位置していた為、東西が統合した後も長い間、空き地になっていた場所、これが完成したのが2000年、ドイツの建築家、エルネスト、ヤーンの作品で天井は日本の富士山をイメージにした物、夜になるとこの天井の色がいろいろな色に変化する、未来派の建物と言われている。。2000年以前にベルリンを訪れた人々はこの周辺の変わりようにびっくりしている、ソニーセンターだけでなく周辺に沢山の近代的なビルが建ち並び、観光名所のひとつにもなっている。














アレクサンドラ広場で見た、移動、ホット、ドッグ屋 いろいろ考えれば生きる方法はあるもの



カラヤンのサーカス小屋というあだ名のベルリン、フィルの建物の外側



ベルリン、フィルの6角形の小ホール、ここでスウィングを聞きました。



あちこちの広場にこんな感じの仮小屋が作られ、中はレストランです。





マドリッドで言えばセラーノ通リにあたる高級ブテイック街の元旦、大晦日の後と言っても
この通りに限らず、瓶が転がっていると言う事は有りません。クーダム通り



私の泊まったホテルの近くのヨーロッパセンターと呼ばれる、ショッピングセンターこの中
に日本レストランが有りました。




>


昼は12時から2時、夜は18時から22時、夜は毎日コンサート通い、昼はスペイン時間の
昼食になれた私にとって、そろそろお昼を食べようと思うとき(14時過ぎ)、レストランは
閉まっていて一度も入らずに終わりました。



ハケシュマルクト広場の周辺が旧ユダヤ人街にあたりその一角の建物の内庭のタイルが面白い。




PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
11 2016/12 01
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フリーエリア
最新トラックバック
プロフィール
HN:
A.I.N. スペイン政府公認 在スペイン日本人通訳協会
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
カウンター