忍者ブログ
スペイン政府公認 在スペイン日本人通訳協会
[203] [202] [201] [200] [199] [198] [197] [196] [195] [193] [192]




真っ青な空とアマポーラと麦、アマポーラと雑草が雑居する、ソリアの草原を突っ走り ソリアのある街に着く、冬、豚殺し祭りで有名な街、人口、5万人程だけれど、なかなかと立派な街である。



サン、ミゲルの門をくぐって街に入っていく。



丁度、コルプス、クリステイー(聖体節、キリストの聖体を祭るお祭り)にぶつかり、街の中は絨毯が敷き詰められていた。この絨毯というのは、藁を細かくしたものに色付けして、モザイク風に模様にしたもの、結構大変な仕事だったと思う、マジョ-ル広場から始まって、街の奥まで続く。。







マジョ-ル広場の前にある旧 サン、アウグステイン病院の建物、バロック様式、現在は展示場として使われてるようだ。




スペインは何処に行っても、寺院、教会が多いので
少々、食傷気味、又かと言う感じ。。お寺のなか、聖器室、会議室(sala capitular)etc..
回廊。。を丁寧に説明付きで案内してくれた。何処の寺院も殆どがロマネスクから始まり、ゴシックで終わるというのが多い、この寺院の搭はバロックだった、サンチアーゴ、デ、コンポステーラを思わせる立派な搭だった。



寺院の近くには、12世紀の頃のこの街、出身の聖人 San Pedro de Osma の像がある。



昼食

前菜は赤ピーマンつめ

最初の料理はカステイ-ジャ地方だから仕方ないけれど、又 カステイ-ジャスープ(別名、にんにくスープ)



メインは豚のロースのリオハ風(豚のロースをトマトソースで合えた物)



デザートはレモンのムース




昼食後
この街の名物、torta de beato(福者の
ケーキ)
皆が買ったので、私も真似て買った、カステラの親戚みたいなもの、その後は再び、草原を突っ走り、石灰岩の岩山の上にある、小さな村に行く。。









石灰岩の岩山を登っていくと、そこに、村があった。









村から眺める眼下の景色 スペインはすべてが雄大である。



ずっと奥の丘の上にかすかに見える見張りの搭。



要塞



古い街の城壁の外にはお花が一杯のこんな家が有った。









PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
11 2016/12 01
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8
12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フリーエリア
最新トラックバック
プロフィール
HN:
A.I.N. スペイン政府公認 在スペイン日本人通訳協会
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
カウンター