忍者ブログ
スペイン政府公認 在スペイン日本人通訳協会
[200] [199] [198] [197] [196] [195] [193] [192] [191] [190] [189]


1日目、マドリッドを8時に出発、途中、休憩30分の後、サラゴサの街を通過、車窓からピラー寺院が見える

サラゴサから東に向かい、ウエスカを通過した後、barbastroの村で昼食、道中バス車窓からの景色


その後、barbastroの湖を車窓から眺めながら、Esfera河沿いに北上していく、途中、街道から抜け、Roda de isabenaの村の見学、ロマネスクの寺院を中心に村の散策、此処まではアラゴン地方に属する










その後、有名なビエイジャの7キロのトンネルを通過してアラン渓谷にはいる、ここからはもうカタルーニャ地方、ビエジャの街をぐるりとまわり、高台
にあるビエイジャのパラドールに到着

ビエジャの街

その後夕食

パラドールの食堂は超満員でした。
食事の始めには必ず、しゃれたアペリテイーブ
カタリュ-ニャ独特のトマトソースがパンと共につき、必ず美味しい、赤か白のワインがつきます。



2日目
パラドールを9時半出発して、アイグエストルテス国立公園にジープにて向かう。

公園の中は雪で一杯だった。その後はロマネスク巡り、トール、ボイ、エリール等の村むら。


昼食の後はフランスの国境に近い街bossost,その街で約1時間の自由時間、皆は教会の見学に行ったけれど、私はバル巡り。






bossostの散策後パラドールに戻る。
夕食は



3日目
サン、マウリシオの湖を見るべく、アイグエストルテス公園を西から入るべく、スキー場で有名なバケイラに向かう、スキー客で道は物凄く渋滞、バケイラを越し山道をどんどん上に登っていく、道は狭く物凄いカーブ、ドライバーさんご苦労様、bonaigua (2070m)の峠で小休止。







ドライバーも張り切って望遠レンズつきカメラで写真を撮りに行く

休憩後、又カーブの山道を下っていく。Espotの村に到着、そこからジープでアイグエストルテス公園へ。。


Espot の 村

サン、マウリシオの湖の周りは雪が一杯、湖は凍っていた。











見学後はEspotの村で昼食。

昼食後、再び行きに通ってきた山道をバスでとうりながら、SALARDUの村で下車、見学

その後、バスに戻り、Artiesの街で1時間半の自由時間、人口1000人とかいっていたけれど、沢山のバル、レストラン、そして個人の物と思われる
立派な家が沢山たちならんでいた。今回のツアーで一番気に入った場所
Aritiesのパラドール

その他の建物







昔は近くの森にいたと言われる大きな3匹の熊、檻がじゃまして熊がよくみえないけれど。

Artiesを後にビエジャのパラドールに戻って行く。
夕食



4日目
いよいよマドリッドに戻る日、皆、今日で旅も終わりね、と悲しそう
8時半に3泊したパラドールとお別れ

途中、30分の休憩をいれて、12時半にサラゴサに着き、昼食時間まで約1時間半のフリータイム
サラゴサの寺院

市役所前の広場


昼食後、15時45分にバスに戻り、一路マドリッドへ、途中30分の休憩をいれて、20時にはマドリッドにつきました。参考までのこのツアーの料金はシングル割り増しをいれて約1000ユーロでした〔全部こみ)。グループは全員で28名でした。同じ時期に国内だけで、15ほどのツアーがでました。皆、殆どが常連、私も10年以上この会社を使っているので、顔見知りが一杯です。






PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
11 2016/12 01
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フリーエリア
最新トラックバック
プロフィール
HN:
A.I.N. スペイン政府公認 在スペイン日本人通訳協会
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
カウンター