忍者ブログ
スペイン政府公認 在スペイン日本人通訳協会
[6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

『仲良し夫婦のスペインの旅』のお客様から届いたメールです。

00です。

先ほど(日本時間12:10頃)家に無事たどり着きました。

10日間、何から何までお付き合いいただき本当にありがとうございました。
お陰様で、他では体験出来ないスペイン旅行を楽しむことが出来ました。
マドリッドの路地裏の気が付かないほど小さな古い酒場のシェリー酒のおいしか
ったこと。

月に照らされ目の前に幻想的に浮かび上がるアルハンブラ宮殿を独り占めしなが
らの旨い酒と盛り沢山の料理。

ガウディやピカソが醸し出す芸術的なバルセロナの街の散策と厨房を見下ろす古
いレストランの最高の味の料理と酒。

何から語れば良いのか、数え上げたら切りがないほどスペインの想い出を詰めま
くる旅でした。
妻も強烈な印象を残したようで未だ興奮が冷めやらないようです。
デジカメのメモリーを使い果たしたのは初めてだったようで、それも無理もないこ
とだと思います。

人がやっと一人通れる位の狭い路地の路地まで入り込みスペインに触れてくる、
スペインの文化と生活、匂いを直に肌で感じてくる、考えてみれば何と贅沢な旅
だったのだろうかと思います。
これこそ情熱の国スペインに相応しい素晴らしい旅の体験だったのだと思います。

こんな素晴らしい旅の体験が出来たのもこの旅を企画してくれた佐々木さん無し
にはあり得なかったでしょう。
本当にありがとうございました。
それと、佐々木さんにも強烈な印象を残す旅でした。
こんな個性的な日本人がスペインに住んでいるのにはまったく驚かされました。
スペインに限らず恐らく世界中にこんな個性的な人は住んでないと思いますよ。
次回、スペインの違う地方やポルトガルに行く際はまたよろしくお願いします。
それでは、お体に気をつけてご活躍お祈り申し上げます。

P.S
住所教えてくださいね。
それと上の文は別にゴマ擦ってる書いてる訳ではなく本当のことを書いているだ
けですから佐々木さんのブログに載せて結構です。
帰りの飛行機の中で佐々木さんの人柄を妻とも話したんですが、やっぱりつまら
ない日本では収まりきれない人だということで一致しました(^^)
暑い日が続きます、体には気をつけてください。
くどいようですけど、住所お願いします。

・・・・・・・・・・・・・・

御芳翰奉拜讀候。00様、佐々木です。

 今回の旅、喜んでいただき本当に嬉しいです。

これも紹介してあげよう、これも見てもらおう、
こんな美味しい料理も、そして美味しいワイン、、ついつい振り回してしまって
後悔していました。さぞかしお疲れになったと思います。

次回の旅も楽しい旅を演出させていただきます。
 
恐惶謹言。佐々木郁夫 拝
PR
『仲良し夫婦のスペインの旅』

八日目

ホテルでの朝食の後、タクシーにて空港へ。
11:10 グラナダ 発 予定の飛行機にてバルセロナに飛びます。



バルセロナのホテルにチェックインして、ホテルの横のレストランの「昼の定食」を食べました。

前菜







メイン







地下鉄でバルセロナ観光です。





サン・パウ病院から、サグラダ・ファミリアまで歩きました。











タクシーでグエル公園へ









市バスに乗って、「カサ ミラ」へ











夕食は、かるく「ピンチョス」をつまみました。











店を変えて、イカとタコ







九日目

バルセロナの観光 地下鉄(回数券)を利用します。



これから、「カタルーニャ音楽堂」の内部の見学です





「クアトロ・ガッツ」でコーヒータイム









「ボケリーア市場」の見学です。













昨日の夜食べたタコです。







これから、この市場のバルで昼食です。









食後の観光







ピカソ美術館









ホテルに帰って休憩の後、「最後の晩餐」は、このレストランです。









この「カバ」は、とても美味しいものでした。



このレストランの名物料理







2人前を3人でいただきました。



デザアートはこれ



食後の散歩






十日目

  ホテルから空港へ  

お疲れ様でした!

次回のポルトガル旅行でお会いしましょう!
『仲良し夫婦のスペインの旅』

六日目
 
 専用車にて、ジブラルタル海峡へ。




  




昼食は、ローマ時代からのマグロで有名な漁村で
       










大西洋 カディス


ヘレスのシェリー酒のワイナリー





専用車にて、セビージャ郊外のホテルへ。(貴族の屋敷・ホテル)



夕食はホテルにていただきます。





イベリコのサーロインステーキ

















『2010 8月 仲良し夫婦のスペインの旅』

七日目





ホテルでの朝食の後の散歩













ホテルから、専用車にてセビージャの列車の駅へ。

ローマ遺跡・イタリカに立寄りました。







セビージャから列車でグラナダへ



グラナダのホテルにチェックインして、これからアルハンブラへ



アルハンブラ宮殿へは、市バスで行きます。



このレストランで簡単な昼食を終え、これからアルハンブラ宮殿の見学です。







アルカサーバからの景色






















<

これから、アルハンブラの夜景を楽しみながらの夕食です。































月を見ながら、16世紀の屋敷が改装されたホテルに戻りました。
『仲良し夫婦のスペインの旅』

四日目

 08:45 ホテルを出発して、新幹線にてアンダルシアへ。



 09:35発 AVE 02092 Madrid 



Cordoba 11:25着
 駅からタクシーにてホテルへ。
  (ホテルは回教寺院の前にある旧市外の便利な場所です。)
ホテルに荷物を置いて、コルドバ観光です。






 




シナゴーグ




ユダヤ人街



ちっと一杯
























楽しく笑ってるライオン


ホテルに戻り、休憩後、昼食です。





昼食 テール料理(コルドバ名物の「ラボ・デ・トロ」)は如何ですか?

前菜







コルドバ名物の「ラボ・デ・トロ」


昼食後は、「シエスタ」(昼寝)です。

夕方 ローマ橋、城壁、・・・散歩しましょう。
  アラブの喫茶店で、「ミートティー」は如何ですか?












  


夕食は、何処かの「バル」にて、軽く何かをつまみましょう。



おっちゃんの歌とギターを聴きながら、いろんな「タパス」で夕食。




『仲良し夫婦のスペインの旅』

五日目

  ホテルで朝食の後、タクシーにて、コルドバ駅へ。
 10:00 頃の列車にて、セビージャの町へ。





  駅から、タクシーにてホテルへ。

 セビージャ 観光 旧市外、カテドラル、アルカサール、













大聖堂




アルカサール


コロンブスが乗っていって船


この2階に、支倉一行が泊まったとか。






馬車で散策







昼食 ホテルの側のレストランにて、「リゾット」は如何ですか。


前菜の「ガスパッチョ」








このリゾットで2人前、3人で食べてお腹いっぱいです。


食後酒(オルッホ)
 

奥さんは、別腹のデザート


食後は、夜に備えて「シエスタ」(昼寝)です。

ホテルの窓から見えた「ヒラルダ」


昼寝の後の散策









 もし良かったら、フラメンコも観れますよ。 
     
本場のフラメンコを観る事になりました。







カンタオール「アントニオ・マイレーナ」と共に


フラメンコの発祥の地、トゥリアーナ地区へ鉄橋(エッフェルの時代)を渡ります。








夕焼けの景色を見ながら、これから、簡単な夕食です。



























『仲良し夫婦のスペインの旅』
ご夫妻を案内してきました。


『仲良し夫婦のスペインの旅』

訪れる街
マドリッド、トレド、セゴビア、コルドバ、セビージャ、
ジブラルタル海峡、タリファ、カディス、ヘレス、グラナダ、バルセロナ


企画・案内 佐々木郁夫

マドリッドでプラド美術館、世界遺産のトレドの街とセゴビアの観光、
マドリッドからAVE(スペインの新幹線)で移動し、コルドバの回教寺院を見学し、
モスク(回教寺院)の側の旧市街に泊まります。セビージャの街は馬車で観光です。
専用車でジブラルタル海峡からアフリカを見て、ヘレスの街の「シェリー酒の酒蔵」に立寄ります。
グラナダのアルハンブラ宮殿を訪問し、16世紀の屋敷・ホテルに泊まります。 
バルセロナにて「ガウディ」と「ドメネク」の建築、そして「ピカソ」を見学。


  *********************
日程

一日目
 
 私〔佐々木〕が空港で出迎え、タクシーにてホテルまでお送りします。
 (タクシー代は実費をお支払いください)

 タクシーにて空港からホテルへ。

二日目
  
 09:20 マドリッド発 AVANT 列車にて往復

これから、近距離新幹線・AVANTにてトレドへ。



トレド駅



アラブとユダヤ、そして、キリスト教徒が仲良く影響しあいながら生活していた街です。





駅から出ている、2階建て観光バスでパノラミックを楽しみました。







ソコデベール広場





公設市場





伝統工芸の『ダマスキナード』





大聖堂




駅に戻りマドリッドへ




     


13:00 AVANT トレド発

13:30 マドリッド 着

地下鉄で、町の中心・プエルタ・デル・ソルへ

キロメートル 0






14:00 昼食 パエジャ専門店にて、美味しいパエジャは如何ですか?

この店に来た、有名なオペラ歌手の写真










食後のコーヒー  オリエント広場




スペイン広場


市バスで観光


レチーロ公園







プラド美術館











バルにて











三日目

 路線バスにて、セゴビアの街へ。















バルでコーヒー


アルカサール









昼食は名物郷土料理の『仔豚の丸焼き』

前菜

























食後の散策









「立って歩く風見豚」

 
 夕方の路線バスで、マドリッドに戻ります。

マヨール広場界隈の『メソン』へ















忍者ブログ [PR]
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新トラックバック
プロフィール
HN:
A.I.N. スペイン政府公認 在スペイン日本人通訳協会
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
カウンター