忍者ブログ
スペイン政府公認 在スペイン日本人通訳協会
[51] [50] [49] [48] [46] [44] [43] [42] [41] [40] [39]

スペイン人の生活の質もこの30年で随分と向上したものだ。当時は車自体も少なかったが日本の解体屋に行っても探すのが難しいようなボロ車が堂々と走っていたものだ。もっともこれには当時の国策もあって輸入するのはまず不可能で日本車を見るのも珍しかった。極くたまに日本車があると注目されたものである。車ほど効果的な移動広告塔は他にない。カッコいい車、リッチな車を見れば欲しくなるのは人情だ。極端な話オープンカーでgran via(マドリッドの大通り、繁華街)なんかを走れば目立つこと受け合い。それに美女を乗せてれば注目の的。映画の主人公気分にさせてくれ自己顕示欲を満足させてくれることになる。これが家となると豪邸を万人に見せびらかすのは(値段の面でぜんぜん違うが)難しい。車が庶民の夢たる所以である。それにしても高級車が最近とみに増えたように思える。カッコウを気にするスペイン人の中にはだいぶ無理してるのもいると思える。よく日本から来た観光客の方々から「こちらは小型車が多いですね」と言われることがある。たぶん道路が広いので相対的にそう見えるのだろう。逆に日本に行った西洋人は日本の車はおもちゃみたいだとよく言う。多分、軽のことだと思うが、こちらは車は車であって軽と言う言い方はない。ともかく特にドイツ系の高級車が多くなった。スペインの経済発展の象徴に間違いないだろう。たまにかなりのオジンとか、かなりのブ男が超美女を超高級車に乗せて見せぶらかせて走っているのを見ることがあるが、その逆はまだ見たことがないがこれはどうしてだろう。  ゴルド
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
11 2016/12 01
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フリーエリア
最新トラックバック
プロフィール
HN:
A.I.N. スペイン政府公認 在スペイン日本人通訳協会
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
カウンター