忍者ブログ
スペイン政府公認 在スペイン日本人通訳協会
[273] [272] [271] [270] [269] [268] [267] [266] [265] [264] [263]
ニュウルンベルグと言うと、まず頭に浮かぶのは、マキシミリアン、シェルが主役の映画
ニュウルンベルグ裁判です。10数年前に友達とシュツトガルドから鉄道で行き、旧市街が駅の目の前にあるのも知らず、タクシーを拾い乗って気がついたけれど、今更、降りるのもタクシードライバーに(ドイツはタクシーはすべてベンツでポリスの車はbmw)わるいので、そのまま街中を案内してもらった、ドライバーの特別サービスで、普段、観光では決して案内しない、飾り窓の女達のいる通りも見せてくれた。
実際は非常に中世的な美しい街。(ドイツの街は何処も美しいけれど)ドイツロマン派にとって非常に重要な意味を持つ街なのだ。ワグナーの楽劇、ニュウルンべルグのマイスタージンガーのモデルになる人物の生まれた所、画家、ヂューラーが生まれた場所でもある。

有名なニュウルングンベルグ裁判の行なわれた裁判所、戦争犯罪人として死刑の判決を受けた、9人の人々の写真をガイドさんが見せてくれた、その中の一人は服毒自殺をはかった、各独房にMPの見張りがついたにも拘わらず、いかにしてその毒薬を手にいれたのか?



高台から眺めたニュウルンベルグの街、数年前にアメリカ人の観光客を案内したとき
一人、車椅子の老人がいた、高台から街を眺めていた老人が泣きながら叫んだ、戦争の時、この自分がこの美しい街に爆弾を落としたのだと。。。ガイドさんは思わずもらい泣きをしてしまった、戦争の悲劇、軍人として、上から命令されれば、自分の義務に従わなければならないのだ。。。そのときガイドは何処にいたかと言うと、自分の家族はユダヤ人ではないけれど、仕事を求めて、メキシコにいたと言う話。


これから城壁ないに入っていく。。



デユーラーの家、正面











突き当たりの建物はレストランで去年、夕食をしたところ

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
11 2016/12 01
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8
12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フリーエリア
最新トラックバック
プロフィール
HN:
A.I.N. スペイン政府公認 在スペイン日本人通訳協会
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
カウンター